ケリー ファンク。 ファンク兄弟

ファンク兄弟

ケリー ファンク

com. キャラクター ファンク兄弟 ケリー・ファンクはモガロ王国の殺し屋。 (版) : 2回• Online World of Wrestling. 弟とは対照的な小柄な男。 関連項目 [ ]• 2020年2月5日閲覧。 WWFでは「トルネード・パンチ」と呼ばれた)• にハンセン、ブロディとの遺恨や膝の回復からテリーは現役復帰するが、テリー引退以前のような熱狂的なファンクス人気は戻ってこなかった。 Puroresu. 来歴 [ ] 血筋を背負いにプロレスラーとしてデビュー。

次の

ケリー・フォン・エリック

ケリー ファンク

com. Wrestling-Titles. com. Cagematch. 本人はその体格を気にしており、「チビ」と言われると激怒する。 8月27日のではからを奪取した。 2012年8月18日閲覧。 About. やはり追剥のジャンは今後も多少は登場しそうなキャラですね。 一時は再起不能とされたが、を付けてに奇跡的にカムバックを果たした(しかし、この事故により依存症となる)。 キャラクター一覧• 2014年2月16日閲覧。 com. 鳥カゴ発動後、ドフラミンゴがルフィに懸けた懸賞金を狙い、ルフィとローを罠に嵌めるも、ドフラミンゴの糸分身に倒された。

次の

ケリー・フォン・エリック

ケリー ファンク

ディスカス・パンチ(学生時代にの選手だったことを応用した回転。 新日本と全日本の人気の差はとファンクスの差」(の自伝での回想より)といわれるほどの人気を博し、に復活したの新王者は馬場でも鶴田でもなくドリーであり、初防衛戦の相手は弟テリーであった。 WWE. 好戦的な兄と違い、一度も喧嘩をしたことがないと言うほど臆病な性格。 Wrestling-Titles. 2020年2月5日閲覧。 ジャケット状になった自分を着た者を動物・怪物問わず操ることができる「ジャケット人間」。 TWFテキサス・ヘビー級王座:1回 フォン・エリック・ファミリー [ ]• 両国国技館で、渕正信、西村修組と20分1本勝負で戦う。 脚注 [ ] []• タイガー・クロー() 獲得タイトル [ ]• 凶暴な性格で格闘センスに自信を持つが、その体格故に戦闘力はさほど高くない。

次の

ザ・ファンクス

ケリー ファンク

青春の思い出とは、好きな女性でもガープに奪われたのでしょうか??それがモンキー・D・ドラゴンのお母さん兼モンキー・D・ルフィのおばあちゃんだったりするでしょうか?? ルーシーが本物の麦わらのルフィだと確信した追剥のジャンは、妓配王で刃物をルフィに投げます。 この対決が一躍大人気を得たのは1977年のの最終戦。 NWAミズーリ・ヘビー級王座:1回 ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング• USWFテキサス・ヘビー級王座:1回 テキサス・レスリング・フェデレーション• :1回• には揃ってに迎えられている。 1983年8月31日に行われたテリーはファンクス人気の集大成となった感動的な興行となった。 しかし自慢の肉体も八衝拳には通じずサイの一撃で倒された。 帽子を被った巨漢。

次の

第716話“首領・チンジャオ”ジャケジャケの実ケリー・ファンク!追剥のジャンの狙い!ルフィ対チンジャオ!

ケリー ファンク

- ファンクスのドリーとテリーは史上唯一の「兄弟揃っての」である。 カムバック後のには本拠地のWCCWにおいて、NWAアメリカン・ヘビー級王座の後継タイトルであるWCWA世界ヘビー級王座を獲得。 。 6月、事故を起こし右足を切断する重傷を負う。 この能力でボビーの強靭な肉体を乗っ取ることで、自身の格闘センスと凶暴性を最大限に発揮できる。 父が主宰する地元のWCCW(World Class Championship Wrestling)を主戦場に、ベテランの、、らに揉まれてキャリアを積み、同世代の、、らとの抗争を通し次代のスター候補として期待を寄せられる。

次の

ファンク兄弟

ケリー ファンク

素の状態ではブーに全く歯が立たなかったが、ボビーの肉体を乗っ取るとブーを一方的に倒す。 この衰退の一因にテリーのの故障があり、それを理由にテリーはのを宣言。 追剥のジャンは、ルフィが大監獄インペルダウンから逃がした囚人達を何十人も仕留めて儲けており、ゆくゆくは千両道化のバギー、海侠のジンベエ、サー・クロコダイル、オカマ王イワンコフ、雨のシリュウなど脱獄組のコンプリートをして名を揚げる事を目指しています。 タイトルは勝者ローラーによって統一され、よりUSWA統一世界ヘビー級王座と改称。 2012年8月18日閲覧。 1月23日にはでを破り、世界王者への登竜門とされたミズーリ・ヘビー級王座を獲得。 また、にはでも兄弟タッグを結成。

次の