ネキ シウム カプセル。 サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ネクシウム

ネキ シウム カプセル

1.2. 本剤は高温多湿を避けて保存するよう指導すること。 ベストくすり は、24時間いつでも注文可能です。 2参照〕。 1.3. 緑内障又は眼内圧亢進のある患者:症状が悪化することがある。 4、9. 注意が必要なケース..開放隅角緑内障、前立腺肥大、心臓病、潰瘍性大腸炎、甲状腺機能亢進症、高齢の人、高温の場所で働く人など。 初期導入さえうまくいけば、よく効く。

次の

チキジウム:チアトン

ネキ シウム カプセル

1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 1. 〈効能共通〉うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期並びに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。 2、8. 1. 〈効能共通〉抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること〔8. 頭痛、頭が重い感じ。 • 2). 次記疾患に伴う疼痛:糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症。 1.10参照〕[出血傾向が増強することがあるので、本剤及びこれらの薬剤の用量を減量するなど注意して投与すること(SNRI、SSRIとこれらの薬剤との併用により、出血傾向が増強すると考えられる)]。

次の

チキジウム:チアトン

ネキ シウム カプセル

1.6、9. 1.1参照〕。 ・ 低ナトリウム血症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)の危険性が高くなることがある〔11. 1.5. 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者:自殺念慮、自殺企図があらわれることがある〔5. 1.2. 悪性症候群(頻度不明):発熱、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、白血球数増加、血清CK上昇(血清CPK上昇)等の異常が認められた場合には、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理と共に適切な処置を行うこと(また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられ、急性腎障害に至ることがあるので注意すること)。 6.2参照〕。 7. 〈効能共通〉眠気、めまい等が起こることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注意させ、また、患者に、これらの症状を自覚した場合は自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないよう、指導すること。 2、8. 6、11. 3. 〈効能共通〉自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること〔5. 1.5、16. 1、8. 1.5、9. 関連項目 [ ]• 1.5、9. (保管上の注意) 室温保存。 ベストくすり お買得セット. なお、25歳以上の患者における自殺念慮や自殺企図の発現のリスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少した〔5. 1.8、15. 2.2. 軽度から中等度腎機能障害のある患者:本剤の血中濃度が上昇することがある。 また、胃酸の分泌にかかわる胃粘膜のムスカリン受容体の刺激を弱めて、胃酸の分泌をおさえます。

次の

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ネキ シウム カプセル

1、8. 前立腺肥大で排尿しにくい人や、腸に閉塞のある人も使用できません。 1.6、15. 1.3. 腸溶性コーティングを施しているため、カプセルの内容物を砕いたり、すりつぶしたりしないで服用するよう指導すること(原薬が酸に不安定であり、胃酸で失活することがある)。 (効能又は効果に関連する注意) 5. 1.7. 脳器質的障害又は統合失調症素因のある患者:精神症状が増悪することがある〔8. 1.6参照〕。 10). アドレナリン、ノルアドレナリン[併用薬剤(特に注射剤)との併用により、心血管作用<血圧上昇等>が増強することがあるので、本剤及びこれらの薬剤の用量を減量するなど注意して投与すること(本剤はノルアドレナリン再取り込み阻害作用を有するため、併用により、アドレナリン作用が増強することがある)]。 1.1参照〕。

次の

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ネキ シウム カプセル

1.5、15. 肝臓の障害..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがあるためです。 (重要な基本的注意) 8. 1.6、15. 6). 三環系抗うつ剤(アミトリプチリン塩酸塩、ノルトリプチリン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩等)、フェノチアジン系抗精神病剤(ペルフェナジン)、抗不整脈剤(プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩)[これらの薬剤の血中濃度が上昇することがあるので、これらの薬剤の用量を減量するなど注意して投与すること(本剤のCYP2D6阻害作用により、これらの薬剤の血中濃度が上昇することがあり、本剤とCYP2D6基質であるデシプラミンとの併用により、デシプラミンのAUCが増加したとの報告がある)]。 3参照〕。 6.1参照〕。 注意 【診察で】• 1. 併用禁忌: モノアミン酸化酵素<MAO>阻害剤<メチルチオニニウム・リネゾリド以外>(セレギリン塩酸塩<エフピー>、ラサギリンメシル酸塩<アジレクト>、サフィナミドメシル酸塩<エクフィナ>)〔2. 1.6. 躁うつ病患者:躁転、自殺企図があらわれることがある〔5. 海岸線に対して両側をに接し、住民もクロアチア人が主体である。

次の

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ネキ シウム カプセル

2、8. 7.1参照〕[本剤の血中濃度が上昇することがあるので、本剤の用量を減量するなど注意して投与すること(これらの薬剤のCYP2D6阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇することがあり、本剤とパロキセチンとの併用により、本剤の血漿クリアランスが減少したとの報告がある)]。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(ラット及びヒトで乳汁中へ移行することが報告されている)〔16. 1、8. 4、9. 10. 〈糖尿病性神経障害に伴う疼痛〉本剤の投与により血糖値上昇・HbA1c上昇等、糖尿病悪化することがあるので、血糖値の推移等を慎重に観察するとともに、必要に応じて糖尿病治療薬の用量調節を行うこと。 別に薬を飲んでいる場合は、必ず医師に報告してください。 【注意する人】 閉塞隅角緑内障のある人は禁止されています。 6.2参照〕。 (30歳代病院勤務医、代謝・内分泌内科)• 1.8参照〕。

次の

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ネキ シウム カプセル

1、8. 1.8参照〕。 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 2. 併用注意: 1). ピモジド[QT延長、心室性不整脈<Torsades de pointesを含む>等の心血管系副作用が発現することがあるので注意すること(本剤は、ピモジドの肝での酸化的代謝を阻害し、血中濃度を上昇させると考えられる)]。 6.3参照〕。 ・末梢神経障害性疼痛でエビデンスがあり使いやすい。 6.1参照〕。 医師の指示を必ずお守りください。

次の

ネウム

ネキ シウム カプセル

3.1参照〕。 5、9. 1.6、15. 胃炎や下痢、胆管炎、胆石などによる腹痛に用います。 4、9. 1.2、11. 1、8. 4、9. 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、必要に応じて、減量、休薬又は中止するなどの適切な処置を行うこと。 1.3参照〕。 1、8. 4、9. 1.5、9. 指示どおりに正しくお飲みください。 1.8. 衝動性が高い併存障害を有する患者:精神症状が増悪することがある〔8. 〈うつ病・うつ状態、糖尿病性神経障害に伴う疼痛〉通常、成人には1日1回朝食後、デュロキセチンとして40mgを経口投与する• 5、11. 25〜0. 11). 血漿蛋白との結合率の高い薬剤(ワルファリンカリウム等)[相互に作用を増強することがあるので、本剤及びこれらの薬剤の用量を減量するなど注意して投与すること(本剤は血漿蛋白との結合率が高いため、併用により、本剤及びこれらの薬剤の血中遊離濃度が上昇することがある)]。 4、16. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 1.1. セロトニン症候群(頻度不明):不安、焦燥、興奮、錯乱、発汗、下痢、発熱、高血圧、固縮、頻脈、ミオクローヌス、自律神経不安定等があらわれることがあり、セロトニン作用薬との併用時に発現する可能性が高くなるため、特に注意すること(異常が認められた場合には投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理と共に適切な処置を行うこと)〔10. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1.1. 海外で実施された大うつ病性障害等の精神疾患を有する患者を対象とした、本剤を含む複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の患者では、自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが抗うつ剤投与群でプラセボ群と比較して高かった。

次の