馬渕 睦夫 ひとり が たり。 馬渕睦夫氏が解説するプーチン大統領とユダヤ財閥の争い

「ひとりがたり馬渕睦夫」#6 歪んだ歴史を正す!〜世界を視る目を養う方法〜

馬渕 睦夫 ひとり が たり

この本を読んでいただくと、ひとつの糸でつながっていると分かるんです。 そういう実情らしいんですけど。 そのひとつの証拠は、多くの国民が今このようなネットの放送を必要としていることですね。 ユダヤ人とユダヤ思想は区別する必要がある ・旧約聖書の時代から存在する「ユダヤ普遍思想」とは ・ユダヤ思想の中にも二つがある ユダヤ民族主義とユダヤ普遍主義 ・100年続いたグローバリズムの普遍主義思想が、今ようやく終わりつつあり、ナショナリズムの思想が始まろうとしている ・このような時代の捉え方を皆さんと共有したい ・進歩史観は、西洋的で独善的な考え。 私の自己紹介ではありませんが、昨今思うところも含めて、少しみなさまとの距離を縮めたいと思っております。 で、結果的にはそれで三つ巴の戦いになりましたから、民主党のウィルソン大統領が漁夫の利を得て、僅差だったんですけどね、タフト大統領と、当選したということになるわけですね。 これはどういうことかというと、プーチン大統領なり、ロシア国民から見れば、ロシアの富が、つまり天然資源が欧米の資本に収奪されると言う風に映ったわけなんですね。

次の

「ひとりがたり馬渕睦夫」#6 歪んだ歴史を正す!〜世界を視る目を養う方法〜

馬渕 睦夫 ひとり が たり

で、それからほぼ一年後に、多分一年後、正式なあれは忘れましたが、最高裁の判事の欠員が生じたんですね。 ところが我が国のメディアは当時、生前〝退位〟などといった失礼な言葉を遣っていましたが、譲位されるということがその段階で既定路線になってしまったんですね。 グローバリズムというのは国際金融資本家に代表される立場で、従来は自由主義の盟主アメリカ合衆国を代表する思想と思われていた。 既存メディアはこぞって譲位の意向を歓迎したわけですね。 ラブレターが有ったんでしょうね。

次の

「ひとりがたり馬渕睦夫」#46 世界恐慌再来を望む勢力!世界三つ巴戦争の行方!

馬渕 睦夫 ひとり が たり

なぜ我々は自立しなければならないのか? グローバリズムとは一体何か改めて問います。 。 ピープルの方々が日ごろどういうところから情報を得ておられるかというと、これは言うまでもなくほとんどが既存のメディアですね。 ここから先は出てるんです。 地中海を渡るゴムボートに乗っていた移民は人とかナイジェリア人とかね。

次の

10444:「ひとりがたり馬渕睦夫」グローバリズムとユダヤ思想:動画紹介 : 江東区南砂町 清澤眼科医院|白内障・緑内障・眼瞼けいれん

馬渕 睦夫 ひとり が たり

林原チャンネルさんの『ひとりがたり』シリーズを文字おこしさせていただきます。 林原チャンネルそのものについては私の方から説明する必要はないんですが、私が尊敬するさまがこの度立ち上げられた新しいネットの放送であります。 コンスティテューションというものは国体なんです。 この辺の、いわゆる教科書的な理解っていのは実に表面的なんです。 言うまでもなく、政府が正式に発表して物事が動きだすというのが筋だと思うんですけれども。 (前略) プーチン大統領はグローバリズムに反対しているんです。

次の

「ひとりがたり馬渕睦夫」#46 世界恐慌再来を望む勢力!世界三つ巴戦争の行方!

馬渕 睦夫 ひとり が たり

の70年談話が出ましたけれども、もう70年経つまでもなく我々はの欺瞞に気づき始めていたんだと思います。 ですから、この本もそうなんですがこの番組も、必ずしも政治経済や国際情勢の専門家でない一般の方々が「こういうことが知りたかったんだ」と言っていただけるような番組になれば、私も林原チャンネルの貴重な時間をいただいた甲斐があることになると期待しているわけなんですね。 それから司法に進出してきたんですね。 それでスペインに行ったわけですが。 聞くところによると、今はそれですらマトモに教えない。 簡単に言えば、ホドルコフスキーというのは、そういう事件だったわけですね。

次の

「ひとりがたり馬渕睦夫」#6 歪んだ歴史を正す!〜世界を視る目を養う方法〜

馬渕 睦夫 ひとり が たり

莫大な借金をしてしまったわけですね。 時間が確保できる方は、下記の動画もご覧ください。 それが、私が申し上げているディープステートの原点、というのはそこにあるわけです。 その中で、おそらく当時のにとっても寝耳に水であったのではないかという気がしてなりません。 つまり共産ソ連が終わって、じゃあ誰が新興のロシアを、民主化が十分されたかどうかはともかくとして、共産主義を捨てたロシアを誰が支配したかというと、ユダヤ系の財閥が支配したということなんです。 実はそうならなかったというところに、すでに問題が。 メディアがやらなければならないことはそういうことですよね?たとえばそもそもの人がの地中海の海岸まで辿りつくのにお金がかかるわけですよ。

次の

馬渕睦夫が語るディープステートの始まり

馬渕 睦夫 ひとり が たり

一般の方々、いわば〝People〟なんです。 ですからグローバリズムには反対すると。 これがスムーズに行われれば何も問題ないわけですが、ところが昨今の内外の情勢を見てみますと、そうなるかどうか私は非常に心配しています。 しかし他ならぬ日本の中に、日本を取り戻されては困るという勢力がいたわけですね。 そういう側面で我々はユダヤ問題っていうのを捉えがちなんですが、実は(略)これは旧約聖書をお読みになるとよくわかるんですが、その頃から要するにグローバリズムの問題、要するにユダヤ普遍思想ってのは実は存在しているわけなんですね。 で、先程申し上げました2003年のホドルコフスキー事件というのは、その典型的な例だったわけです。 今の世のはほぼ例外なくの条文を理解しておられるに過ぎないんですね。

次の