ヒート 対 ロケッツ。 NBAプレーオフを老舗メディアがシミュレート!ファイナルはバックス対レイカーズ、果たして勝者は?|ニフティニュース

ダンクショットの誤審に、ロケッツは勝利か再試合を希望か

ヒート 対 ロケッツ

今季は連戦の場合、どちらか休むようだよ。 ヒート対ペイサーズについては、シリーズのトップ2プレーヤーがヒート(ジミー・バトラー、バム・アデバヨ)におり、選手層も厚く、優勝経験を持つエリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)がいる点を理由にヒートに軍配が上がった。 ウタン・カンファレンス上位のチームを破り連勝を飾れるのか、振り返っていきたいと思います。 連休最終日に良い試合を観ることが出来ました。 スコアリングリーダーが日替わり状態で守る方は大変でしょう。

次の

ヒートがロケッツに「記録的」な大勝 レイカーズは5連勝― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ヒート 対 ロケッツ

ディフェンスを全く相手にせず個人技を決めて行くハーデン。 これ恒例だよ(笑) ジョーンズは少し出ていたようだけど分からなかった。 」 キャット「ロケッツはハーデン、ローソン、アリーザ、ソートン、カペラの布陣。 ロケッツのラッセル・ウェストブルックは、この日の敗戦を要約しました。 本当に酷い展開だったからね。

次の

ヒートがロケッツに「記録的」な大勝 レイカーズは5連勝― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ヒート 対 ロケッツ

」 キャット「ハワードは明日の連戦に備えたらしい。 」 シンキ「さて今季のヒートについてはどう見てます? 今季も優勝は堅いですか?」 キャット「昨日のゲームでグリズリーズに二桁以上の点差を付けられて負けたり、アウェイのニックス戦もそうだったよね。 ちなみにゲーム後オフィシャルを批判したビッカースタッフには、1万ドルの罰金処分となっている。 同誌はクリッパーズに1敗を付けているが、スウィープ決着となる可能性もありそうだ。 こうなったらデッカーに経験積ませてもいいよね。 ディフェンディング・チャンピオンが主力選手を入れ替えたことで、リーグを驚かせた。

次の

【NBA】『マイアミ・ヒート』VS『ヒューストン・ロケッツ』

ヒート 対 ロケッツ

第1Q終了時点の32点差は、1987年2月4日のレイカーズ(対キングス=36点)、1972年12月9日のブレッツ(現ウィザーズ、対キングス=33点)に次ぐNBA史上3番目の記録となった。 9パーセント) 8月2日:対レイカーズ(1勝0敗) 8月4日:対ヒート(0勝2敗) 8月6日:対マジック(3勝0敗) 8月8日:対セルティックス(1勝2敗) 8月10日:対グリズリーズ(対戦なし) 8月11日:対バックス(0勝2敗) 8月13日:対シクサーズ(2勝1敗) 8月15日:対ナゲッツ(0勝1敗) 昨季の覇者ラプターズは、ヒート、セルティックス、バックスというイースト上位チーム相手に負け越しているため、プレーオフ前に好勝負を演じ、勝利を収めておきたいところだ。 」 キャット「第4Qもロケッツは好調キープ。 後はヒートがやりたい放題のオフェンスを展開して勝負にならず。 」 シンキ「今日はパーソンズ、パターソン、アシックの先発3人も調子良かったですよね。 ウエストの頂上決戦は、2018年(ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ロケッツ)のように、事実上のNBAファイナルとして記憶されるシリーズになるかもしれない。 オラジュワンは「僕らがユタを下したとき、僕は(連覇できると)信じることができた。

次の

NBA クリスマスゲーム仕様の特別ユニフォームを公開

ヒート 対 ロケッツ

彼らは僕らに対して、ここまで優位に立っていたけれど、(最後に)僕が決着をつけることができると思っていた」とオラジュワンは当時を振り返っている。 47勝35敗、ウエスタン・カンファレンス6位という低位置でプレーオフに臨んだ。 分かりますが、そのまま負けていいのかというと、ファンとしてそれはいただけません。 , , , ドラギッチとホワイトサイドが戻るとドラギッチのパスからジョシュ・リチャードソンの3P。 しかし、オラジュワンにボールを入れてからオフェンスを展開するロケッツは、このラインナップにより破壊力が格段に増した。 ポールのロケッツ移籍を誰よりも快く思っていないのが、ドック・リバースHCの息子であるオースティン・リバースだ。 『Houston Chronicle』のジョナサン・フェイゲン氏によれば、ロケッツのマイク・ダントーニ・ヘッドコーチは試合後、早い段階から大差を付けられた試合に苦言を呈しました。

次の

[今日の試合結果]ヒートが逆転勝利、ロケッツ、レイカーズら5チームが3連敗

ヒート 対 ロケッツ

彼らは僕らに対して3連勝したんだ。 そこでロケッツは大型トレードを断行。 早速出番あるかもしれないぞ。 それでもサンダーはただ負けるのではなく、ホームの大歓声を受けて奮闘し、ポール、シュルーダーの爆発で一矢報いるのではないか。 」 キャット「そうなんだ。 第2Qのようなディフェンスを継続出来れば、今日は大丈夫だと思う。 だが昨季のイースト決勝(対ラプターズ)で2連勝から4連敗という悔しい経験を糧に成長を遂げたバックスが、最終戦の末にNBAファイナルへの扉を叩くと予想される。

次の