ジェネレイド デッキ。 「王(ジェネレイド)」について

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「王(ジェネレイド)」テーマ紹介

ジェネレイド デッキ

このカードにカウンターを3つ置く。 なので手持ちのデッキを組みなおしてみようかと思います。 2 : 自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。 エンプラ、アストラムも有力候補。 《王の舞台》でリクルートすると守備表示で特殊召喚するため、ブロッカーになりつつ、墓地の「ジェネレイド」の蘇生してさらに盤面を整えることができます。 「ジェネレイド」は、前述したように「王の舞台」でモンスターが複数体並ぶことが多いので、このカードを相手モンスターからの攻撃対象になった「ジェネレイド・ン」に使うことによって、相手のライフ次第ではその攻撃を利用して逆ワンキルできることも可能になります。

次の

【ジェネレイド】デッキレシピ・面白いポイントを紹介!

ジェネレイド デッキ

2 :自分フィールドの、「ジェネレイド」モンスターまたは戦士族モンスターを任意の数だけリリースし、 その数だけフィールドのモンスターを対象として発動できる。 自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。 このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、さらにこのターン、このカードをとして扱う。 もし「光の王マルデル」に頼らないとするならば、「王の試練」の方が良いでしょう。 1 :「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 その後、破壊された相手フィールドのモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。 ジェネレイドの細々したもの ちょっとしたものですがシングルで集めると面倒なものは全てメルカリにて購入しました。

次の

新テーマ【ジェネレイド】の基本的な動きとデッキレシピ紹介

ジェネレイド デッキ

LINK - 4 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 1 :「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 《真竜皇V.。 LINK - 3 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 「光の王マルデル」の登場時効果によるサーチ• このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、 相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内のモンスターを全て破壊する。 《星遺物の胎導》を引き込むか、他の「王(ジェネレイド)」モンスターを守るための時間稼ぎとしても優秀です。

次の

「王(ジェネレイド)」について

ジェネレイド デッキ

《幻子力空母エンタープラズニル》2• 新しく13枚のカード効果が判明しました。 とにかく、 《王の舞台》の弾切れが起きて何も出来なくなる前に何とか勝負をつけましょう。 相性が良いというよりも必須というべきカード レベル9モンスターをデッキから2体特殊召喚できる脅威の展開力をもつカードです。 1 :このカードの発動時の効果処理として、 お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。 特に最近は 《星遺物の胎導》という強力なレベル9サポート魔法カードが登場したため随分とデッキも組みやすくなりました。

次の

【王】ジェネレイドデッキはおもろいど

ジェネレイド デッキ

「ジェネレイド」は、「デッキビルドパック-ミスティック・ファイターズ-」にて初めて登場しましたが、その後も「イグニッション・アサルト」、「エターニティ・コード」にて強化されたフィールド魔法の「王の舞台」、ン、レベル9が特徴のテーマですね。 《王の影ロプトル》も基本相手メインフェイズに使用するカードなので《失楽の魔女》の相手メインフェイズじゃないと打てないタイムラグは気になりません。 相手はデッキから1枚ドローする。 ドラグーン対策が必要なら壊獣、超融合も入れる。 【王(ジェネレイド)】デッキはテーマとしての動きはもちろん、メインデッキに入るそれぞれのモンスターが種族の動きを強化できるため、既存のデッキの構築の幅が広がるかと思います。 LINK - 2 1 - 300 - 1体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 《王の支配》 永続罠 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。

次の

遊戯王 デッキレシピ 詳細

ジェネレイド デッキ

デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 相手ターンに《王の舞台》の(1)効果で特殊召喚すると、そのままトークンを可能な限り特殊召喚でき、壁としても非常に優秀です。 というわけで今回はジェネレイドデッキを組みなおすにあたって、登場当初からどう強化されてるのかをまとめておこうと思います。 デッキから1枚を手札に加える。 まともな妨害は「氷の王ニードヘッグ」と「剣の王フローディ」くらいで、それも充分かと言われると微妙なところ。

次の