遊戯王 環境。 【遊戯王 2020年6月 新制限環境】最強デッキランキング

遊戯王の歴史 2009年の総括

遊戯王 環境

採用率の高い手札誘発モンスター《灰流うらら》《屋敷わらし》がアンデット族なので、大会環境での強みもあります。 例えば《マインドクラッシュ》は情報アドバンテージを重視する、強力な罠カードです。 「召喚獣」や「シャドール」など、EXデッキを使用しながらも墓地へ送られることでアドバンテージを確保できるテーマ・カードとは特に相性が良いです。 ところがオルターガイスト相手には、オルターガイスト・プロトコルの 「オルターガイストカードの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない」 の効果のせいで、無限泡影はあまり有効でない場面も多かったりします。 それらの除去を超雷龍の条件による特殊召喚や雷龍融合を使い カード1枚から出てくる超雷龍や雷神龍に打つことになります。

次の

遊戯王 2020年2月の環境テーマデッキを予想!!今回もやはりあのテーマが一強?

遊戯王 環境

バーンデッキの中では成功率が高い• メインデッキの「シャドール」モンスターは闇属性・魔法使い族で統一され、リバース効果と墓地に送られた場合の効果をもちます。 対人戦で楽しむのはもちろん、ミラーマッチなので2デッキ用意してソロプレイで回しても良いですね。 Pスケールの自身に魔力カウンター置くことができ、魔力カウンターを3つ取り除くことで自身を特殊召喚できます。 手札から上級モンスターをどんどん特殊召喚できる。 一方で現在の環境と比較すると、デュエルが比較的低速で進むことも事実です。 現在環境は主に【十二獣真竜】が増え続け一気に環境も安定期に入って来ましたがその中で属性メタという部分が増え続けているという特徴があります。

次の

ガチデッキ

遊戯王 環境

(幻影彼岸)• 「ページ利用の際の注意事項」• リンクモンスターのヘクスティアが万能サーチ となっています。 環境8位:【セフィラ】デッキ 【セフィラ】デッキは、「クロスオーバー・ソウルズ」で登場したペンデュラムテーマです。 新規の登場で主に『展開と除去がスムーズに行なえるようになった』という面を強みに戦えるようになりました。 4位 青眼 【参考資料】 青眼デッキは去年あたりではすでに海馬モンスターズと言われているほどのデッキで高打点に加えてブルジョワなデッキとして様々な遊戯王プレイヤーを驚愕させました。 【参考資料】 《真竜剣皇マスターP》等のカードはそのまま《ドラゴニックD》を中心とした破壊ギミックを大量に投入したデッキが多い事が特徴です。 【速報】リンクロス禁止!!! -- 名無しさん 2020-06-12 21:24:52• サーチ封じの超雷龍ばかりが注目されていますが、個人的には 雷龍融合もかなりの壊れカードだと思っています。

次の

東大発!遊戯王「04環境」とは?デッキレシピ・回し方・プレイング・遊び方!

遊戯王 環境

「ダーク・ネオストーム」にて新規カード《宵星の機神ディンギルス》《オルフェゴール・クリマクス》が追加され、大会優勝が相次いでいます。 では展開例も含め解説していきます 11期で登場したドラグマですが、エクストラからモンスターを墓地を送るという強力な効果を備えたカードが多く、エクストラから好きなカードを墓地に送れるということに目をつけたテーマのうちのひとつがシャドールです。 最新パックで登場した《マドルチェ・プティンセスール》《ティーチャーマドルチェ・グラスフレ》によって強化され、2019年1月から環境デッキ入りを果たしました。 翌年2005年には《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》も禁止カードに指定され、デッキの多様化が進みました。 デッキをより良くするためにコメント(何故ここを変えたのか説明するなど)をした上でさらに編集してください。 というのも、サンダードラゴンはその爆発力と引き換えに、それなりに事故率もあるからです。

次の

【遊戯王】最新環境での大会上位デッキ分布

遊戯王 環境

遊戯王の現在最強である「環境デッキ」とは?現在の環境デッキを考察してみた。 (2019年4月制限)• (もちろんしてくるデッキは色々ありますが) 実際にこのゲームのカードプールに一番近いであろう2018年の世界大会WCS2018で、剛鬼などの展開系を抑えてこのオルターガイストが決勝まで上がっています。 SPONSORED LINK 2020.01レギュレーション環境 (11週目まで) 2020.01レギュレーション環境 (10週目まで) 3軸シンクロ!? 2020年4月のリミットレギュレーションでは、採用率の高い《簡易融合》が制限カードとなりました。 一方で04環境は互いにデッキ内容を全て把握していることが前提となるため、遊戯王OCGとしては異例の「完全情報ゲーム」のような性格を持ちます。 ガチデッキと呼ばれることもあります。 ヌメリッチ組んでみたけどリッチ抜いて汎用入れた方が強いな -- 名無しさん 2020-05-10 15:15:20• また、新規で登場した《マジシャンズ・ソウル》がキーカードが強力•。 妨害札のサーチ能力が高い。

次の

【遊戯王】環境上位〜中堅デッキ, 環境候補デッキ71選【2019年新制限】

遊戯王 環境

荒らしかと思った -- 名無しさん 2020-06-05 00:11:24• エクストラデッキを使わない• テーマ内での妨害カードとなると準制限のウィドウアンカーだけ。 そして【トリックスター】デッキでは後攻全ハンデスという恐怖もあり、禁止級とまではいかないものの環境に残るほどのデッキが登場したのは言うまでもありません。 魔力カウンターが乗っていると効果の対象にならず効果で破壊されない• メインデッキとエクストラモンスターゾーン EXモンスターゾーン に出すカードが喧嘩しないというメリットが現在の環境につながっていると言えるでしょう。 墓地肥やしを主軸とするテーマと組み合わせやすい。 そしてこれらが 刺さらない相手はほぼいないということ。 単に対策カードを詰め込む以外にも、モンスター効果を無効にすることで安定した打点を確保できる【Sin】や、特殊召喚にこだわらず《王家の眠る谷-ネクロバレー》で墓地メタを行う【墓守】と組み合わせた構築も、大会環境で結果を残しています。 リバース効果をフル活用できる• 初日での優勝に加えて実は墓地メタに関する介入を行えるようになったのでインフェルノイドやミラーマッチでの大きな駆け引きが行えるようになりました。

次の

【遊戯王 2020年6月 新制限環境】最強デッキランキング

遊戯王 環境

キーカードは 《オルターガイスト マルチフェイカー》• 先行1ターンからソリティア的な展開が可能• 【真竜皇】を多めに入れる事で爆発的な 2位 真竜 アドバンス召喚とアド稼ぎは伊達じゃない!破壊&リリースからコンボをつなげるトリッキーデッキ! 【参考資料】 真竜デッキは「マキシマム・クライシス」で登場したアドバンス召喚を主軸としているデッキで永続魔法や罠をサーチしつつビートダウンを仕掛けることが出来る持久戦に特化したカテゴリーです。 融合召喚をフル活用できる• このページを読めば、 2019年環境の強いデッキ・最強デッキが全て分かります。 具体的な採用カードや定義に特に決まりはなく、【メタビート】という概念的な意味合いがあるデッキ名です。 (2018年10月制限)• 関連記事 特殊召喚封じができるデッキ• (2018年10月制限)• 【転生炎獣】デッキの作り方については 「」という記事にまとめています。 例えば《究極伝導恐獣》を出すのはいいけど墓地にカードが無かったり元々カードを破壊するというコンボを前提としているのでメインカードが初手の場合かなり相性が悪いような感じになっています。 加えて エクストラデッキに頼りすぎているというのもあります。 SPYRALの優勝デッキレシピ SPYRALの対策 灰流うらら エンディミオン ペンデュラムテーマです。

次の