この す ば メリッサ。 【このファン】【議論】アイリス→シエロ→メリッサ→クリス、、、人権キャラ変わりすぎたろw

【このファン】「メリッサ(星2/風)[軽装]」の評価とスキル・特性

この す ば メリッサ

なお、ウィズが仕入れたおかしな性能を持つマジックアイテムのほとんどはめぐみんの父親ひょいざぶろーの製作である。 ガラクタや使い物にならないアイテムを仕入れてくることに関しては類い希なる天才的な才能を発揮し、その度にバニルの殺人光線を浴び黒焦げにされて折檻されている。 クリス:初めまして、新人のリースで…!? クリス&メリッサ:うぇっ!? 貴族:おや?もしかして2人は知り合いかな? メリッサ:い、いやそんな!ただ初めて会った気がしないほど親近感が湧いただけですわ。 カズマのことをベルゼルグの王子と信じ込んでいた。 カズマたちのパーティー が初めて攻略したモンスター。 レックスは当初めぐみんを「口だけ魔道師」と煽っていたが、戦いの後は実力を認めたようで、旅立ちの際にパーティの誘いもかけたが、彼女は街での目的を果たすためあえて断った。 また、幹部の中で個人的に交友関係があるのはバニルのみで、他は知り合い程度の付き合い。

次の

『このファン』お屋敷パニック(クリス&メリッサ)【ストーリー】

この す ば メリッサ

の時期に作物を食い荒らす巨大。 紅魔族特有のやや大仰な言動と、おかしなネーミングセンスを持ち 、あまりのネーミングセンスの悪さにカズマ達を困惑させることがしばしばある。 カズマより年上の大人びた印象。 卵の段階でアクア、ウィズ、バニルが魔力を込めて温めたため、その身に強力な魔力を宿しているというが、元がただの鶏のため有効な使い道がなく、せいぜい周囲にモンスターを寄せ付けない程度。 エルロード国の関係者 レヴィ エルロード国の第三王子で、アイリスの許嫁。 人間に対してはやや高圧的だが、話が分からないわけでもなく比較的誠実。 一人称は「私」。

次の

【このファン】メリッサ(星4/闇)の評価とスキル・特性【このすばアプリ】

この す ば メリッサ

「紅魔族随一のの娘」で、居酒屋の女将を目指している。 ダスト 声 - アクセル随一のチンピラ冒険者と評判の青年。 には劇場アニメが公開。 邪神ウォルバク(女)撃破後は心身に軽い変化をきたしたようで、風呂嫌いが治ったり「ウォルバク」という単語に反応したりするようになる。 ベルディアに敗れて死亡するが、アクアの手によって蘇生する。

次の

ポルノグラフィティ メリッサ 歌詞

この す ば メリッサ

店舗としての詳細は「用語」の「」の項目を参照。 王族や貴族を相手にするのは慣れているが善良な者以外は大嫌い。 リッチーになる以前を含め恋愛経験は皆無であり、13巻で堕天使デュークが魔王軍幹部の地位を奪うためウィズに近づくと、その言動がいささか紛らわしいものだたこともあり、ウィズはデュークから求婚されたものと勘違いし舞い上がってしまった。 職業は戦士で長剣を使う。 その後、爆裂魔法の使い手だが1発撃つと動けなくなる めぐみんと、見た目は美女だが妄想癖のあるで攻撃が全く当たらない変態 ダクネスを仲間に加えて、彼女らの問題行動に振り回される日々を送ることになる。 アクセルの街に来て間もないめぐみんをパーティに引き入れたが、その性能を見て「釣り合わない」と遠回しに断った。 気位が高く、一族の例にもれずギャンブル好きで負けず嫌いな性格。

次の

【このファン】【議論】アイリス→シエロ→メリッサ→クリス、、、人権キャラ変わりすぎたろw

この す ば メリッサ

』にも登場。 アニメ版では第2期第2話から登場し、外出中のめぐみんに拾われ、名前を付けられた上で彼女のペットになる。 プリーストとしての能力は非常に高く、上位魔族相手にも対等以上に渡り合うほどだが、アクシズ教徒らしく図太い性格をしており、万事にいい加減で無責任な人物。 その際は、死を悼みつつも天界規定に基づいてカズマを日本で生まれ変わらせようとしたが、天界規定を完全に無視したアクアによってカズマの蘇生が無理矢理強行される事となり、必死に止めようとしたところをアクアから弱味を晒された事で渋々特例としてカズマの蘇生を認めた。 集団での体当たりはそれなりに脅威であるようで、一般住民は避難する。 ある調査 のためにアクセルの街の近くの廃城に越してきており、その廃城がめぐみんの爆裂魔法の標的にされた事に関しても当初は弱者の戯れと放置していたが、毎日のように爆裂魔法を放ち続けてきたために流石に頭にきてアクセルの街を襲撃した。 しかしカズマを傀儡にした結果逆に弄ばれ、返却しようとカズマたちの家を訪れた際に拘束されてレベルを1まで下げられ、警察に突き出された。

次の

【このファン】メリッサのカード一覧【このすば】

この す ば メリッサ

このとき去り際に幼いめぐみんに頼まれ、爆裂魔法を伝授している。 その一方、ウィズがテレポートした「コロナタイト」に屋敷を壊されたことで激怒してカズマを訴え、裁判では極刑にするように命じたが、身分を明かしたダクネスを見てさらなる貸しを作れると考え、ひとまずカズマを処分保留にすることに納得した。 一人称は「アタシ」。 バニルの浄化や、ベルディアの「死の宣告」の解呪まではできなかった。 元は高名な魔法使いであり、凄腕のアークウィザードとして名を馳せていた。 ギルドから依頼を受けたカズマの自らを顧みぬ捨て身の活躍により除草剤で討伐される。 自分に相応しい新たな持ち主の出現を待っているが、その性格やダメージ(がある)による消耗への恐れから、むやみに人に着せたがらない。

次の

【このファン】【議論】アイリス→シエロ→メリッサ→クリス、、、人権キャラ変わりすぎたろw

この す ば メリッサ

庭に墓がある。 財政的にはダクネスの実家を凌駕するが、人々から法外な利息をとったりモンスターに囲まれた屋敷に残る部下を見捨てて逃げるなどの行為により人望は薄い。 アニメ版ではモブとして度々登場しており、カズマのぱんつ窃盗の目撃者として法廷にも出頭している。 エリス教団を目の敵にしている。 一時期カズマの身の回りの世話をした。

次の

【このファン】「メリッサ(星2/風)[軽装]」の評価とスキル・特性

この す ば メリッサ

また、カズマと接しているうちに、カズマの言動や行動に影響されてとんでもない悪戯や王族らしくない搦め手を使ったりするようになり、クレアには「ダメなところが似てきている」と言われる。 夢は「大魔法使いになってになる」こと。 その寂しさを埋めるためカズマのことを「お兄ちゃん」「お兄様」と呼び慕っている。 冒険者としての職業はウィザード。 この時は、前回の反省を生かしスティール対策などもしていたが、カズマに「フリーズ」と「クリエイト・ウォーター」を使ったコンボ技で窒息させられてしまい、またも敗北を喫してしまう。 自称「紅魔族随一の魔性の妹」。 ゲーム版『復活のベルディア』にも登場。

次の