夢中 めだか。 【岡山県】特大★めだかイベント開催!!夢中めだか様 (☆目高☆YYD) 倉敷のその他のイベント参加者募集・無料掲載の掲示板|ジモティー

2018年5月3日、岡山県総社市にオープンした『夢中めだか』の三人

夢中 めだか

定休日は?• 2017年12月9日「夢中めだかの始まりじゃい!」というタイトルで、メダカ関連のブログが始まった。 その第一印象は…「ゲッ、自分とは真逆っぽい人間だ!」であった(爆)とてもおとなしそうで、弱気そうだったからである(笑) その印象が一変したのは、ビニール袋に入ったメダカを見る目を見た時であった。 11月頃から3月頃まで冬期休暇 インターネット販売 なし• 見たことがある改良メダカの高いレベルのメダカがいる• 要確認• 支払い方法は?• 情熱を持って、真面目にメダカの改良に取り組む…その姿勢がお客さんに認められれば、商売として成り立つ道が開けるのである。 プロのメダカ屋さんがよく集まる• 小寺義克氏が作られた三色ラメ(『静楽庵』血統とは別系統)に、乙姫と灯を交配して出て来たメダカを交配したメダカで、この交配は栗原さんが進めているもので、この黒さが強い個体を栗原さんが『夢中めだか』に託したものである。 メダカを商売にしようかという若い人が雨後の筍のように全国で看板を上げているのだが、その皆さんに伝えたいのは、「どれだけメダカに情熱を持っているか?」が最も大切なことである。 アメブロを使って 読者イベントを開いている などなど 夢中めだかのブログを定期的に購読していると、なんだかその場所に 行ってみたい! と、感じます。 これだけのメダカ好きが集まると、メダカの話題でいくらでも談笑できてしまうのである。

次の

夢中めだかさんが、規格外のプレゼント企画を開催中です|メダカの果てまでイッテQ

夢中 めだか

発送方法は?• その ワクワク感がたまらないメダカ屋さんです。 栗原さんから再び、「『夢中めだか』って言って、最近、プログ始めた奴らがいて、そのブログがなんでか人気があるみたいなんだ」という話しを聞き、実は、小寺さんと栗原さんが『夢中めだか』を応援している様子を感じるようになり、それがまた不思議で、余計にブログを見る機会が増えるようになった。 そこがまたメダカの持つ大きな魅力なのである。 それが、下のアドレスの『夢中めだか』のブログであった。 メダカの販売ページは?• 営業日は?• 2018年7月に西日本の豪雨により甚大な被害を受けたときには、多くのメダカ屋さんや、メダカ愛好家が手を差し出していました。 それなのに、「疲れた…」とか言って、ブログを閉鎖する選択をしたので、電話で思いっきり怒っておいた(笑)2017年12月9日「夢中めだかの始まりじゃい!」というタイトルで始めたなら、メダカを止めるまで、ブログでの発信をしながら、これまで以上にメダカ作りに励んで、一人前の『夢中めだか』にすることが彼らの義務である。 メダカの 店頭販売はしています が、 ホームページを使って、 インターネット販売をしている様子は、ブログからは読み取れず、 夢中めだかとしてのホームページは、存在していないと思われます。

次の

2020年02月: Diary in the sky

夢中 めだか

三人で朝早くから深夜まで頑張って作り上げた設備である。 公式のアカウント一覧 ブログ Twitter Instagram Facebook 注:2018年12月20日現在 夢中めだかに行ってみたい理由 夢中めだか は、メダカブログを読んでいた時に発見したメダカ屋さん。 もちろん、情熱だけでメダカの商売が成り立てば、こんなに簡単なことはないのだが、少なくとも、メダカに対しての情熱のない人は、必ず、行き詰まることだろう。 送料が無料になる条件は?• 人気が高い理由は• 聞き覚えのある メダカの愛好家が集まる• 配送業者は?•。 栗原さんのところにいる兄弟魚は、別の表現をしているそうで、次回、しっかりと見せていただくつもりである。 5月3日から5月6日までの四日間、『夢中めだか』の三人は初めての経験をされ、その前からの準備もあって、とても疲れたに違いない。 そんな、 やや不便にも感じる、 夢中めだかですが… アメーバーブログというブログサイトを活用し、 メダカ屋ブログとして、人気がとても高いメダカ屋さんです。

次の

【岡山県】特大★めだかイベント開催!!夢中めだか様 (☆目高☆YYD) 倉敷のその他のイベント参加者募集・無料掲載の掲示板|ジモティー

夢中 めだか

しかし、これからの時間こそが、三人の力を合わせて、『夢中めだか』産のメダカをどんどん提供していかなければならないのである。 特に真顔でポイの数を数える栗原さんがいたりして、面白かった(爆) そのオープニングイベントには、あけぼのの小寺さん、栗原さん、四国からメダカ交流会in愛媛の玉井さん、垂水さん、坂出さん、木口さん、植本さん、『日本改良めだか研究所』の深川さん、『日本めだかセンター』の上山さん、山梨のfujiyamaめだかの坂木さんなどなど、錚々たる顔ぶれがお祝いに来場されておられたのである。 見たことがない柄や模様の改良メダカが掲載されている• 営業時間は?• しっかし、相変わらず、つまらない、くだらないブログ(爆)でも何かブログランキングでは上位にいるという(笑)… そんな時間を過ごしているうちに、こちらもいよいよ『メダカ百華第5号』の取材を始める時期になり、4月22日に広島県福山市の『日本改良メダカ研究所』の深川善正氏の取材から、2018年の本格的なメダカ取材を開始することになったのである。 こちらは、『夢中めだか』のオープン用に愛知県岡崎市の『葵メダカ』さんから送られてきたウコンカブキである。 「こんな純粋にメダカを楽しそうに見る目」自分はいつかどこかで置いてきてしまったように思えた(苦笑) 深川さんの飼育場でメダカを撮影していた時に、栗原さんが「fmbさんを『夢中めだか』の専属カメラマンにすれば?」と坂上さんに言うと、坂上さんが、「いえいえ、とんでもないです」と体を小さくする姿を見て、「いいよ!」と返事、すると、また坂上さんは、いきない背筋を伸ばして、「ほんまですかぁ?」と目をキラキラさせたのである。

次の

2020年02月: Diary in the sky

夢中 めだか

「こんなキラキラした、純粋にメダカが好きだという目でメダカを見るんだ」と彼の目を見て、自分自身反省する部分を感じた。 栗原さんと自分の言葉はほぼ冗談だったのだが、その話しが現実となるのは、栗原さんから、「fmbさん、5月3日来れる?」というリクエストからであった。 頑張ってね!. 『夢中めだか』の設備である。 特徴的ではないが、小寺さんのあけぼのである。 一度は行ってみたいです。

次の

夢中めだかさんが、規格外のプレゼント企画を開催中です|メダカの果てまでイッテQ

夢中 めだか

この個体の持つ雰囲気に惹かれて撮影しておいた写真である。 ここまで栗原さん、そして小寺さんが応援している『夢中めだか』を見てみたくなったのである。 新幹線で福山駅に向かい、福山駅であまぞんメダカの須賀さんにピックアップして頂き、『栗原養魚場』へ、そこに、『夢中めだか』の坂上さんが来ていたのである。 ・めだかすくい 体外光、ラメ、その他高級めだか投入予定 ・大人気めだか1000円くじ 紅凛 新作商品も投入予定 ・あの有名な方々の来店、販売も予定しております。 先程と同じスタッフAさんが 趣味が、メダカの世話をする奥様を観察すること。 送料は、いくら?• 2 6 8 10 7 9 12 9 11 15 17 13 15 15 16 15 12 13 8 12 16 19 10 23 12 19 21 11 12 14 13 22 28 28 31 31 26 22 16 10 8 7 9 9 12 12 12 13 14 15 14 9 9 6 9 12 13 14 18 13 13 21 14 3 9 1 11 6 4 1 3 2 4 4 6 1 4 4 6 7 7 3 6 6 9 5 2 2 7 12. 同時に生き餌 ・ミジンコ ・タマミジンコ ・ミドリムシ ユーグレナ ・生きたスピルリナ ・ゾウリムシ ・淡水ワムシ ・生クロレラ水 なども販売しますので この機会に是非ともお立ち寄りください。 メダカ掬いでは、ちょっとした内輪のゲームをしていたので、メダカ掬いで使われたポイの数を数える。

次の

夢中めだかさんが、規格外のプレゼント企画を開催中です|メダカの果てまでイッテQ

夢中 めだか

その時に、西日本豪雨災害で被害状況をブログで報告されていたことを、とてもよく覚えています。 最初に多くの著名なメダカの作り手の応援を受けられ、その期待を裏切ってはいけないと肩に力を入れ過ぎた部分もあったに違いない。 と、 「 遠い」 と、感じる人。 約100品🎁 ひろしゃんが前回、開催した黒幹之メダカのプレゼント企画は、 プレゼントの数、1つに対して、応募が、 約60名。 坂上さんは、どのメダカを見ても、とても楽しそうに、嬉しそうに、キラキラとした目でメダカを見つめたのである。 繁殖させている容器から気になったメダカを拾い撮りさせて頂いた。

次の

2018年5月3日、岡山県総社市にオープンした『夢中めだか』の三人

夢中 めだか

いやいや。 背伸びをせずに、自分たちの情熱を発揮して、メダカ作りに励むこと、それを『夢中めだか』に期待していたい。 要確認• 5月3日、先出の坂出さんの三色ラメ幹之の取材を終え、坂出さんの車で高梁川沿いを北上、『夢中めだか』のオープニングイベントに参加させて頂いた。 。 。 。

次の